手ごねで基本のパン生地レシピ

1個:129 kcal

基本の生地(ロールパン生地)の作り方です。
このページでは基本的な手ごねでのパン生地の作り方をご紹介します。 パン生地にじっくり触れることでパンに親しみを持つことができます。 普段FPやHBを使っている方も時々手ごねで生地とお話してみてはいかがでしょうか?

*材料12個分*
 強力粉・・・・・・・280g
 砂糖・・・・・・・・・・25g
 塩・・・・・・・・・・・・・4g
 スキムミルク・・・・10g
 バター・・・・・・・・・40g
 水・・・・・・・・・・・・・160g
 たまご・・・・・・・・・・20g
 イースト・・・・・・・・・・6g
 つやだし用たまご適量

*作り方*
ボウルに粉とスキムミルクを入れ、ボウルの片側にイーストと砂糖、反対側に塩を入れる。
水とたまごを混ぜたもの(夏場は冷蔵庫で冷やしたもの、もしくは常温、冬場はぬるま湯を使用する。)をイーストめがけて一気に流しいれる。
ボウルの中で材料を手で混ぜ、粉っぽさがなくなるまでこねる。
粉っぽさがなくなったら、ボウルから出し、作業台の上でしっかりとこねる。
写真のように、生地を台にこすりつけるようにするとよい。
私は片手でこね、もう片方の手は別の材料を取り出したりするときに使用しています。これはくせみたいなものですので、両手でも片手でもどちらでもかまいません。
ある程度手に生地がくっつかなくなってきたら生地を台に打ち付けるようにし、さらにこねる。
手にほとんどくっつかなくなり、生地がまとまってきました。
バターを少量ずつ4〜5回に分けて生地に練りこんでいく。
生地とバターがまとまるまでさらにこねる。
レーズンやチーズなどを混ぜ込む場合はこの段階で加え、こねる。
こねあがりのサインは生地を薄く伸ばしても生地がちぎれず、 生地の奥が薄くすけて見えるような状態。
写真のように指が透けて見えます。
生地をまるめ、ボウルに戻し、ラップをし発酵する。
大体の時間の目安は40〜50分程度です。
生地が3倍程度に発酵しました。

1次発酵以降の工程はそれぞれのレシピをご覧ください。



<<<戻る


お気づきになったことがありましたらへメールくださいね

inserted by FC2 system